Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
国民年金の第3号被保険者の「特例届出」について
0
    今日は、これまた実はあまり知られていない「国民年金の第3号被保険者の特例届出」についてです。

    国民年金の第3号被保険者とは、第2号被保険者(厚生年金保険や共済保険の加入者)の配偶者で、主として第2号被保険者の収入により生計を維持されている20歳以上60歳未満の方をいいます。※

    サラリーマンの妻でいわゆる専業主婦が代表格ですね。

    第3号被保険者の期間は、届出を行うことで国民年金の保険料納付済期間となります。

    そしてこの第3号被保険者の手続き(届出)は平成14年4月までは自分自身で行わなければなりませんでした。(現在は第2号被保険者である配偶者の勤務先が手続きを行うこととなっています。)

    ちなみにこの届出を忘れていると国民年金の保険料滞納期間となります。ショック

    実は、この平成14年4月まで必要であった「本人による届出」が漏れているケースがけっこう多いのです!


    そこで、そのような方のために「特例の届出」についてご紹介しておきます。

    通常、第3号被保険者の届出が遅れた場合、2年前まではさかのぼって保険料納付済み期間とすることができますが、平成17年4月より、2年以上前の期間(ただし、昭和61年4月以降の未届期間に限る)についても保険料納付済み期間とすることができるようになりました。

    この届出の事を「特例の届出」と呼びます。

    また、これは、すでに老齢年金を受け取っている人にも適用されますので、「特例の届出」を行うことで、年金額が増える可能性もあります。お金

    自分の年金記録を確認して、昭和61年4月1日以降、国民年金に滞納期間がある場合は、その期間、第3号被保険者でなかったかどうかをもう一度確認してみましょう。


    【ここもポイントです!】
    ※厚生年金保険の被保険者のうち、65歳以上70歳未満の被保険者は、老齢基礎年金等の受給権者であれば国民年金の第2号被保険者とはなりません。そのため、その人の被扶養配偶者は20歳以上60歳未満であっても第3号被保険者とはならず、第1号被保険者として本人が市町村に届け出ることになります。
    もちろん保険料負担も必要です。
    posted by: 社労士 倉地 | 年金 | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.sr-kurachi.com/trackback/576841
    トラックバック