Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
東京出張の帰り道
0
    昨日の日曜日、東京での2泊3日の人事セミナーすべてのカリキュラムを終了し、福岡に帰ろうと飛行機に乗ったところ、機内で社労士のM先生とばったり!

    そもそも、今回の人事コンサル研修を私にご紹介下さったのが、このM先生ですから、あまりの偶然に驚きです。(苦笑)

    ちなみに、M先生は同じく東京で開催の別セミナー、「残業代請求対策セミナー」に参加されていたそうです。



    さて、今回の人事セミナーは、たいへん有意義な研修でした。


    お蔭様で、人事コンサルの基礎から運用(応用編)まで、私が求めていた知識&情報を、存分にインプットすることができました。


    セミナーの中で改めて気がつかされたこと。


    それは、人事制度は企業にとってはあくまでも「手段」であるということ。

    そう、人事制度自体は、「目的」ではないということです。


    大切なのは、企業経営(経営方針)という本来の目的を達成するための手段として人事制度を構築し運用すること。


    言葉で言うほど、決して簡単なことではないのでしょうが…。


    特に、人事部がないような中小企業においては、人事制度はあるけれど、その制度自体が形骸化している企業も決して少なくないと思います。


    形骸化の一例として、

    ・目標管理(面接)制度が形式化している。

    ・人事考課者訓練がまったく行われていない。

    ・考課結果が部下にフィードバックされていない。

    などは、要チェックですね!




    制度は、ミヨウミマネで導入したけれど…、

    制度はコンサルタントに作ってもらったけれど、


    その後の運用がちょっと…?


    といった企業は決して少なくないはず!



    中小企業にとって人事コンサルタントが果たすべき役割の大きさを、改めて認識させられた今回の研修でした。




    posted by: 社労士 倉地 | セミナー&勉強会 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.sr-kurachi.com/trackback/1346944
    トラックバック