Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
就業規則とクレド
0
    現在、就業規則の作成及び改定を数件抱えている。

    今年に入って、非顧問先からの労使トラブルを発端とする新規依頼などもあり、改めて、就業規則のニーズの高さを感じている。

    と言うことで、本日も朝から事務所にこもってパソコンに向かっている。

    私達、社会保険労務士は当然のことながら就業規則の重要性を理解している。

    就業規則が無いために(相当期間、見直しされていない就業規則やインターネットからダウンロードしたモデル就業規則、周知されていない就業規則は無いに等しい)、いざ労使トラブルが発生したとき、適正に対処できないといった会社を幾度となく見てきている。

    統計でも証明されているとおり、労使間での個別紛争は、毎年確実に増加している。


    従業員は、社長が想像している以上に法律知識に詳しいのだ!
    また、従業員の権利意識も高まっている。

    先日も、あるクライアントに就業規則を納品した際に、「従業員が食い入るように就業規則を読んでいました。」との報告を受けた。


    一昔のように、「俺(社長)がルールブックだ!」といった考えは、今は通用しない。
    就業規則にルールとして定めて、それを従業員に周知して、適正に運用して、初めて会社のルールと言えるのである。


    これだけ、会社にとって重要なものであるから、私は、就業規則の作成には相当なノウハウを注入する。

    モデル就業規則や税理士さんに作ってもらった就業規則、同業他社からもらった就業規則などとは、名前は同じ「就業規則」であっても中身はまったく別物と私は思っている。


    例えば、第1章総則に「経営理念」を記載することは、既にほとんどの社会保険労務士が行っていると思うので、それほど、ノウハウとは思っていない。

    しかし、私は就業規則の冒頭に「経営理念」だけではなく、必ず「クレド」を記載するように社長を説得する。
    クレドとは「会社の信条」のことである。
    つまり「社員共通の行動指針」としてこのクレドを定めるのである。(その目的や定め方は企業秘密ということで省略…)

    職場の秩序を守るためには、ルールは絶対に必要であるが、就業規則の役割は、決して従業員をルールでがんじがらめにすることではない。


    私は、就業規則には「会社のルール」だけではなく会社発展のための「エネルギー」を注入できればと思っている。


    福岡市南区の社会保険労務士事務所 | 就業規則・退職金制度の見直し・給与計算 | 倉地社会保険労務士事務所


    posted by: 社労士 倉地 | 就業規則 | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.sr-kurachi.com/trackback/1078773
    トラックバック