Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
60歳台前半の在職老齢厚生年金
0
    今日は、60歳台前半の在職老齢厚生年金のお話し

    かなりややこしいので、おそらく一般の人が読んでも理解不能。


    Q.報酬があるため、60歳台前半の在職老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金)が全額支給停止となっている人が退職した場合、年金の支給停止が解除されるのはいつからか?


    A.「65歳未満の在職老齢年金の仕組みによる支給停止の対象となるのは、被保険者資格を喪失した日の属する月まで」である。


    したがって、月末に退職するのと、月の途中に退職するのとでは、支給停止が解除されるタイミングが1カ月ずれることになる。


    具体的な日にちで説明すると、

    ・4月29日退職→4月30日が資格喪失日→「4月分迄」が在職老齢年金の仕組みにより支給停止の対象 ※退職改定5月→「5月分から」支給停止解除→6/15に5月分のみが支給(但し年金事務所の処理が間に合わないので、通常は7/15に支給)→8/15に6月分&7月分が支給…

    ・4月30日退職→5月1日が資格喪失日→「5月分迄!」が在職老齢年金の仕組みにより支給停止の対象 ※退職改定6月→「6月分から!!」支給停止解除→8/15に6月分&7月分が支給…


    退職日が1日違うだけで、5月分の扱いが違いますね。

    さて、月末退職と月の途中退職、どちらが得なんでしょうかね〜。

    皆さんも考えてみましょう!



    ※退職改定とは?

    被保険者の資格を喪失(退職)し、かつ、被保険者となる(再就職する)ことなくして被保険者の資格を喪失した日から起算して1月を経過したときは、その被保険者の資格を喪失した月前における被保険者であった期間が年金の額の計算の基礎とされ、資格を喪失した日から起算して1月を経過した日の属する月から退職改定が行われる。


    なお、今回は、雇用保険(基本手当)との調整は考慮しておりません。



    福岡市南区の社会保険労務士事務所 | 就業規則・退職金制度の見直し・給与計算 | 倉地社会保険労務士事務所

    posted by: 社労士 倉地 | 年金 | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    年金社労士
    0
      年金社労士を目指して!

      という訳ではありませんが、先日、正式に福岡県社会保険労務士会の自主研究グループ部会「年金部会」に参加の申し込みをしました。

      既に参加されている諸先輩たちからお話を聞いて、内容も良さそうだったので。

      さっそく、8月9日(土)に部会に参加してきます。本

      結果は、後日ブログにて報告したいと思います。


      福岡の社会保険労務士事務所 | 就業規則・退職金制度の見直し・給与計算 | 倉地社会保険労務士事務所
      posted by: 社労士 倉地 | 年金 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      社労士は年金のプロ!?
      0
        最近の「年金問題」により社会保険労務士は年金のプロと言うイメージが浸透しつつあるようだ。

        確かに、社労士は年金のプロではあるが、年金を得意とする社労士がそれほど多いとは思えない・・・。


        私も、開業当初から、労務管理分野(就業規則&退職金制度改革)に力を入れて活動してきたこともあり、年金分野が少々疎かになっていた。くもり

        そこで、最近はできるだけ年金分野にも時間を割くようにしている。

        ただ、年金は奥が深い。

        ここのところ毎晩、専門書とのにらめっこが続いている。。。読書


        福岡の社会保険労務士事務所 | 就業規則・退職金制度の見直し・給与計算 | 倉地社会保険労務士事務所
        posted by: 社労士 倉地 | 年金 | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        社会保険事務所は大混雑
        0
          最近、社会保険事務所が以前にも増して混雑しているように思う。

          南福岡も東福岡も、駐車場に入れない車が順番待ちで長い列をなしている。

          私は、役所への手続きにはバイクで行くようにしている為、渋滞は関係ないが、待合室の人の多さにはうんざりすることがある。

          座るところがないほどの混雑なのである。

          番号札とねんきん特別便を手に持って、皆さんお待ちなのである。

          仕事上、年金の裁定請求の手続をお受けすることもあるが、これは、今まで以上に拘束時間を長めに計算しておく必要がありそうである。
          posted by: 社労士 倉地 | 年金 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          社労士も相談窓口
          0
            今朝の朝刊に「ねんきん特別便 社労士事務所も相談窓口」との記事が載っていた。見る

            開業の社労士事務所でも「ねんきん特別便」に関する相談を無料で受け付けると言うものだ。

            今まで相談窓口は社会保険事務所など全国で約300ヶ所であったが、開業の社労士事務所は全国に約2万ヶ所ある。
            これにより、相談窓口は大幅に増えることになる。

            便利になるではないか〜。拍手

            おっと!これは他人事ではないぞ。びっくり
            倉地社会保険労務士事務所にも相談が来るってことか?

            しかし今のところ具体的な対応方法等については何も聞いてないぞ…。

            我々開業社労士に対しては、社会保険庁の記録端末を閲覧する権利が与えられるのだろうか?

            連合会・社労士会からの指示を待とう。
            posted by: 社労士 倉地 | 年金 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            「ねんきん特別便」届いてませんか?
            0
              舛添厚労相が、「ねんきん特別便」の見直しを表明しました。

              「ねんきん特別便」は昨年末に48万人に送付されましたが、その内、回答があった人は約16万人で、訂正を申し出たのが約2万人、残りの約14万人は「訂正がない」と回答しているらしいのです…。

              まあ、48万人の3分の2にあたる32万人もの人が回答すら行っていないという、まさに驚きの結果ですが…。

              この回答率の低さや、記録訂正申し出件数の少なさは何を意味するのでしょうか?

              社会保険庁によると、昨年12月中に特別便を送付した約48万人の大半は、コンピューター上の名寄せにより、該当者不明の約5000万件の年金記録の中から「氏名」「生年月日」「性別」が一致する記録が見つかった人で、該当者不明だった記録の持ち主とみてほぼ間違いないといいます。

              つまり、今回のタイミングで「ねんきん特別便」が届いた人は、訂正を申し出ることにより記録が統合される可能性が極めて高い人なのです。

              にも関わらず、2万人しか訂正を申し出ていないとは…。

              明らかに「ねんきん特別便」を国民がよく理解していないのが原因と言えます。

              我々も、顧問先等で「ねんきん特別便」届いていませんか?
              ってな具合でフォローさせていただいてはいますが、それも限られます。

              「ねんきん特別便」が届いた方へのフォローが必要です。

              posted by: 社労士 倉地 | 年金 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              社保事務所での出来事
              0
                今日、朝一で書類提出のため社会保険事務所へ行ったときのことです。

                朝一ということもあり、混雑もなく書類を提出し終え、社会保険事務所を出ようとしたとき、フロアに怒鳴り声が響き渡りました。

                何事かと耳を傾けてみると、
                年金の相談窓口(ブース)で中年の男の人が窓口の女性職員に怒鳴ってるのです。怒り

                かなり怖い口調で…。怒りマーク

                何に怒っているのか内容まではわかりませんでしたが、かなりエキサイトしている様子です。

                他の窓口の職員も少し困惑気味…。
                社会保険事務所の職員も大変ですねぇ。(少し同情)

                おそらく、窓口の職員は正しいことを言ってたんでしょうが、お客様には伝わらなかったんでしょう。

                特に今、年金記録問題で社会保険事務所(社保庁)は信用ガタ落ちですから…。

                失った信用はなかなか取り戻せるものではありません。


                しかも今度は、年金記録の「改ざん」問題発生ですか。

                年金に対する国民の不信・不安は募るばかりです。
                posted by: 社労士 倉地 | 年金 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                国民年金の第3号被保険者の「特例届出」について
                0
                  今日は、これまた実はあまり知られていない「国民年金の第3号被保険者の特例届出」についてです。

                  国民年金の第3号被保険者とは、第2号被保険者(厚生年金保険や共済保険の加入者)の配偶者で、主として第2号被保険者の収入により生計を維持されている20歳以上60歳未満の方をいいます。※

                  サラリーマンの妻でいわゆる専業主婦が代表格ですね。

                  第3号被保険者の期間は、届出を行うことで国民年金の保険料納付済期間となります。

                  そしてこの第3号被保険者の手続き(届出)は平成14年4月までは自分自身で行わなければなりませんでした。(現在は第2号被保険者である配偶者の勤務先が手続きを行うこととなっています。)

                  ちなみにこの届出を忘れていると国民年金の保険料滞納期間となります。ショック

                  実は、この平成14年4月まで必要であった「本人による届出」が漏れているケースがけっこう多いのです!


                  そこで、そのような方のために「特例の届出」についてご紹介しておきます。

                  通常、第3号被保険者の届出が遅れた場合、2年前まではさかのぼって保険料納付済み期間とすることができますが、平成17年4月より、2年以上前の期間(ただし、昭和61年4月以降の未届期間に限る)についても保険料納付済み期間とすることができるようになりました。

                  この届出の事を「特例の届出」と呼びます。

                  また、これは、すでに老齢年金を受け取っている人にも適用されますので、「特例の届出」を行うことで、年金額が増える可能性もあります。お金

                  自分の年金記録を確認して、昭和61年4月1日以降、国民年金に滞納期間がある場合は、その期間、第3号被保険者でなかったかどうかをもう一度確認してみましょう。


                  【ここもポイントです!】
                  ※厚生年金保険の被保険者のうち、65歳以上70歳未満の被保険者は、老齢基礎年金等の受給権者であれば国民年金の第2号被保険者とはなりません。そのため、その人の被扶養配偶者は20歳以上60歳未満であっても第3号被保険者とはならず、第1号被保険者として本人が市町村に届け出ることになります。
                  もちろん保険料負担も必要です。
                  posted by: 社労士 倉地 | 年金 | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |